★全講演セット★ ナスレコ研究会_未来に向けた看護記録を考える

★全講演セット★ ナスレコ研究会_未来に向けた看護記録を考える

★全講演セット★ ナスレコ研究会_未来に向けた看護記録を考える

動画

10,800円(税込)

カートに入れる

看護の見える化と質向上のための看護記録

チーム・多職種連携においてメンバーが同じ目的に向かって協働していくためには、情報を正しく収集・伝達し、それぞれが専門的知識を活かして分析し、ディスカッションすることが大切です。しかし煩雑で目まぐるしく変化する日々の業務において記録を適切に残し、これを看護や協働活動の質を高めることに向かって活用することに難しさを感じている方は少なくありません。
本セミナーでは、今、看護・医療が抱える看護記録の課題を整理し、看護を見える化し質を向上させる意義を理解したうえで、より有意義な記録を残していく方法を考えます。


【講演①】 『 これから求められる看護 ~見える看護と見えない看護~』[00:33:38]
 ●学ぶポイント・・・これから求められる看護を明らかにし、“形で見えている看護"と、表しにくい“見えない看護"の情報共有について考えます。
坂本 すが 氏
(一社)日本看護業務研究会 副代表理事、東京医療保健大学 副学長・看護学科長・助産学専攻科長 教授

【講演②】『 看護記録の現状と課題 』[01:03:13]
 ●学ぶポイント・・・看護記録に関する課題を整理し、課題に対する解決方法について考えます。
村岡 修子 氏
(一社)日本看護業務研究会 理事、NTT東日本関東病院 看護長

【講演③】『 看護の質を高めるための看護記録 ~記録監査~』[00:59:10]
 ●学ぶポイント・・・看護記録の監査を行うことによって看護の質を向上させ、継続的な仕組みづくりを学びます。
真下 綾子 氏
(一社)日本看護業務研究会、東海大学 健康科学部 看護学科 准教授


【講演④】看護業務に関するお困りごとにお答えするよろず相談[01:03:00]
ファシリテーター:大久保 清子 氏 
(一社)日本看護業務研究会 代表理事、福井県立大学 看護福祉学部 学部長・研究科長 教授

『まとめ 』
宮本 千津子 氏 (一社)日本看護業務研究会 理事、東京医療保健大学 副学長、千葉看護学部 学部長