「働き方改革」01/03/2019[00:07:03]

「働き方改革」01/03/2019[00:07:03]

「働き方改革」01/03/2019[00:07:03]

動画

無料動画



【今日の要点】
①2024年度から始まる勤務医の時間外労働規制で、地域医療の確保と若手医師の技能向上に配慮して設ける2つの特例水準の上限時間数が提示。

②特例水準は、いずれも年1,860時間以下、月100時間未満とする案。

③技能向上に配慮した水準は、「初期研修医など」と、「臨床経験6年目以降の医師」で区分し、2類型に整理。

④上限時間数については、研修に必要な時間数を積み重ねて設定するべきだが、現時点では根拠となるデータが乏しいため、35年度末に向けて時短の取り組みを進めるとともに、適正な上限時間数の検証を継続。