「医療提供体制」01/09/2019[00:07:24]

「医療提供体制」01/09/2019[00:07:24]

「医療提供体制」01/09/2019[00:07:24]

動画

無料動画



【今日の要点】
①厚生労働省は12月26日の「医師需給分科会」に、外来医療における医師偏在解消のため、外来の医師偏在指標を策定して、各2次医療圏の充足状況を可視化し、無床診療所の新規開業希望者に情報提供することなどを提案。

②2020年度からの医師確保計画で医師全体の充足状況が明らかになるのに併せ、外来の実態をより適正に反映した指標の策定や取り組みが必要と判断。

③2次医療圏のうち、外来医師偏在指標が高値の上位数%(具体的数値は今後決定)を「外来医師多数区域」に設定し、都道府県のホームページなどで情報提供することを通じて、新規開業希望者の自主的な行動変容を促す。

④外来医師多数区域で診療所を新規開業する場合は、在宅医療、初期救急医療、公衆衛生(学校医、産業医、予防接種)など、その地域で不足している機能を担うことを求める考えも示した。