「働き方改革」11/27/2018

「働き方改革」11/27/2018

「働き方改革」11/27/2018

動画

無料動画



【今日の要点】
①厚労省は、「医師の働き方改革に関する検討会」に、医師の研鑽と労働時間管理の取り扱いの考え方について具体案を提示。

②医師の働き方改革の議論では、医療の特性・医師の特殊性を考慮して検討されている。医療の特性・医師の特殊性では「公共性」「不確実性」「技術革新・水準向上」「高度の専門性」の4点が挙げられている。

③医師の研鑽についての考え方では、上司の指示や判断の有無を基準に労働時間への該当・非該当を切り分ける案で、
 1)所定労働時間外に在院して労働に該当しない研鑽を行う場合は、医師自らが上司に申し出て、確認を得る
 2)院外での研鑽を労働として扱う場合は上司が指示を出す
 これら確認や指示の記録は3年間保存する、とされている。